富山県内初!消防団が住宅密集地でドローン飛行訓練

11月6日に高岡市消防団高岡方面団は、秋季検閲訓練を行い、そのなかでドローンの飛行訓練を実施しました。国の定める住宅密集地において、消防署がドローンを使った訓練を行うのは富山県内で初です。

201611%e9%ab%98%e5%b2%a1%e5%b8%822

 

震度6強の地震が発生し複数の建物が倒壊、火災が発生という想定で訓練が行われ、消防団員およそ500人が参加。災害発生時にはドローンで被害状況を把握しようと、高岡消防署員は南部保育園でドローンの操作を実演しました。ドローンが住宅密集地で飛行するには国の許可が必要ですが、災害・事故発生時は特例で許可不要とのこと。

地域の消防団にドローンが導入されるという事例は他でもありますが、こうした取り組みが全国的に広がることを期待します。

COLUMN

航空管制室さながらにドローン空撮をリアルタイムで管理する「DRONE SCOPE」とは

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

那賀町(なかちょう)とドローンの関係とは

COLUMN

日本はドローン事業先進国!実用化されているドローンビジネスをご紹介

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

数年後には2兆円市場に?国内外のドローン産業について

COLUMN

現在のドローン技術の動向とは?産業・軍事・ホビードローンの現在と将来

© DRONE NEWS