国内23校目『ドローンスクールジャパン伊勢志摩校』 開校! 家族で楽しめるカリキュラムも

国内23校目!『ドローンスクールジャパン伊勢志摩校』開校!

10月25日(水)産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボットが、全国23校目となる『ドローンスクールジャパン伊勢志摩校』を開校した。開校日には開校式典を開催し、デモフライトも行った。

『ドローンスクールジャパン伊勢志摩校』

家族で楽しめるカリキュラムも

株式会社スカイロボットは、一般社団法人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA/読み:ディーパ)に認定されている「ドローンスクールジャパン」を、東京、神奈川、仙台、静岡、大阪、福岡で運営している産業用ドローンの開発・販売を行う会社だ。

産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されているが、急増する需要に対し、操縦士が不足しているのが現状だ。現在、ドローンの潜在市場は約15兆円※1と想定されている。トンネルや橋梁、太陽光パネルなど、各種施設の点検への利用が始まり、実験段階ではあるがドローンを利用した配送サービスに注目が集まっている。このドローン産業の需要に対応するため、「ドローンスクールジャパン伊勢志摩校」を10月25日(水)に開校した。

「ドローンスクールジャパン伊勢志摩校」は、三重県では初めての誕生となる三重県伊勢市御薗町に位置し、近鉄線 伊勢市駅より徒歩16分程のアクセスが良好な土地にある。

伊勢志摩校では、他校にはない特徴がある。家族全員でドローン操縦のライセンスが取得できるカリキュラムを用意していることだ。ドローンスクールジャパンでも初の試みだ。今までは、農業や災害時、セキュリティ、輸送関連などのシーンで使用するためにスクールに通ってライセンスを取得される方が多かった。しかし、最近では趣味としてドローンを使用する方も増えてきたため、娯楽としてのニースにも対応したカリキュラムを用意している。

※1英国ロンドンを本拠地とする

世界的な監査・コンサルティンググループ PwC (Price Waterhouse Coopers)社調べ

 受講者は、述べ2500人を突破※2

『ドローンスクールジャパン』とは

「ドローンスクールジャパン」とは、初心者向けのコースから、土木業界向けのドローン3Dマッピング講習、赤外線カメラを使った夜間の人命救助講習などが受講できる、産業用ドローン操縦士の育成・訓練を目的とした学校だ。一般社団法人ドローン操縦士協会に認定されており所定のコース修了者は、DPAの認定資格「ドローン操縦士 回転翼3級」を取得することができる。2016年に開校後、全国各地へスクールを展開。2017年8月時点での受講者数は、述べ2,500人を突破している。※2・・・2017年8月末時点

未経験者でも2日間で操縦可能!

充実したカリキュラムを準備した『ドローンスクールジャパン』

ドローンに全く触れたことのない方向けの2日間限定のカリキュラム「フライトコース」では、円移動や四角移動等、ドローン操縦士に必要な25種類の技能が2日間で習得できる。カリキュラムで習得できなかったスキルは、後日スキルアップコースによって習得可能だ。また、「ビジネスコース」では、プロの操縦士を目指し、基礎技術が身に付く赤外線カメラ撮影など産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技術が学べるコースとなっている。

開校日   :2017年10月25日(水)

ホームページ:http:/​​/​www.drone​.mie.jp​​/​​

 

COLUMN

ドローン専門ポータルストア「DRONE THE WORLD」とは

COLUMN

東京ガールズコレクションでドローンが飛んだ–テクノロジーの第一人者たちが語った、壮大なプロジェクトの舞台裏

COLUMN

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

COLUMN

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

COLUMN

あす開校!福岡県2校目「ドローンスクールジャパン福岡中央校」

COLUMN

株の世界にもドローン!ドローン関連銘柄をチェックしよう

COLUMN

規制の緩和でアメリカのドローン開発が変わる?

COLUMN

トランプ大統領、ドローン配送テストの規制緩和のための大統領令

© DRONE NEWS