ドローンのアプリを使って、飛行を疑似体験しよう


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンを購入したいけれど、操作に自信がない……そんなときは、ドローンのアプリを使って、疑似操作をすることができます。模擬体験でドローンに似た飛行機を操作し、自由自在に操作を学んで、まずはスマホアプリからドローン操作に慣れましょう。

 

ドローンには各種アプリがある

ドローンは、買うとなると、数万円はする高価な買い物となります。

入門機として数千円の機体も売っていますが、あまりに安すぎるものは壊れやすいですし、標準的な操作感ではない可能性があり、身につけたドローン操縦スキルが他で活かせないのであまりおすすめできません。

それに、廉価版で数千円を払うぐらいなら、ワンランク上のドローンを買って、スキルに差をつけたいですよね。高価なドローンは、見る人が見ればわかりますし、やはり操作感や飛距離、バッテリーの持ち、そしてスタイリッシュさが違います。

そうした高価なドローンを購入するためにも、ドローンのアプリでまずは練習してみるのが効果的です。

では、どのようなドローン アプリがあるのでしょうか。

基本的には、ドローンに似た飛行体を画面内で操作して、自由に飛行を楽しむものになります。さまざまなドローンに使えるGPSのアプリなどもありますが、とりあえず今回は、ドローンとしての操作性を大切にして、非常にスキルアップに役立つアプリを選んでみました。

 

Drone Strikeなら、飛行を模擬体験できる

Drone Strikeというアプリは、飛行物体を操ることができるドローン練習アプリです。スマホを傾けたりしながら、ドローンのような物体を操作していきます。高いところにある飛行物体を操作するのはこういうイメージかな、というのがわかります。

もちろん、飛行物体は無人であり、ドローンの操作感に非常に似ています。背面飛行などもできますので、思った通りにアクロバティックな操作であちこちを飛び回ることができます。

機体の種類も何種類かあり、選ぶことができますので、自分の気に入った物体を飛ばすことができ、飛行に愛着が持てます。

 

Free Flight Drone Simulatorなら、ビルなどの間を飛ばせる

このドローン練習アプリは、ビル群などを飛びながら、高度な飛行を体感できます。いま注目の機材であるドローンを使って、アプリで仮想体験ができるようになります。

砂漠なども飛ぶことが出来るので、日本に存在しない風景や、わざわざ現地に行かなくては見る事ができないような風景の中で飛行することができます。

ドローンを飛ばして楽しむだけでなく、ドローンから見た風景なども見ることができますので、カメラの状況がどうなっているのか、ドローンからどのような映像が見えるのかもわかります。

非常によくできているアプリで、ドローンの模擬体験にぴったりです。

 

Drone Ops First Strike

iPhoneのアプリです。戦闘機を操縦して、仮想的な敵と戦うシミュレーションアプリを兼ねています。スマホを傾けることで操作でき、銃やミサイルなどで敵と戦います。

グラフィックが非常に綺麗で、なおかつ昼夜モードがあるので、一日中楽しめます。ドローンのアプリとは少し違うかもしれませんが、操作性はかなりドローンに似ているため、練習にはおすすめです。

 

ドローンの練習アプリを使って、シミュレーションしよう

ドローンは基本的な操縦を覚えるのに少々時間がかかることは事実です。そのため、まずはアプリを使ってドローンの模擬操作をするのをおすすめします。

アプリでフライトシミュレーターを使い、上手に操作して、操縦の感覚をつかみましょう。そうして、実際にドローンを飛ばす際のノウハウを蓄積していくと良いかと思います。

練習用のアプリとはいえ、ドローンの擬似飛行体から見た風景はとても綺麗に見えますので、実際に飛ばしたときと同じぐらい、感動することができるでしょう。

今回は、ドローン練習用のアプリをご紹介しました。シミュレーションして、模擬飛行を楽しんでください。上手になるには、慣れるのが一番です。

関連記事

ドローンニュースの最新記事