• このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のドローン技術の動向とは?産業・軍事・ホビードローンの現在と将来

ドローン市場は、フィンテック(金融×IT)やVRと肩を並べる、巨大な可能性を秘めたマーケットです。特に、ドローン技術の利活用については世界各地で発展が続けられています。 本記事では、ドローン技術の発展の経緯から、市場規模の現在と将来性、産業用ドローンが活躍する業界などについて解説していきます。 &n […]

マクセル、ナイルワークスと共同でドローン用バッテリー開発

電池・光学部品などの電気機器を製造するメーカー、マクセル株式会社は、農業用ドローンを開発するメーカーである株式会社ナイルワークスと共同で、農業用ドローン専用のリチウムイオン電池を開発しました。 農業用ドローンに搭載されるバッテリーはスマートフォンと比較すると、その容量は約60倍であり、充電中や保管中 […]

ドローンで国立公園の魅力を発信、外国人観光客の増加に期待

近年、ドローン技術の発展により、以前はコストが高かった航空撮影が比較的簡単に行えるようになりました。環境省はそれを受けて、国立公園を訪れる外国人観光客の増加を目指し、国立公園の魅力をドローンによる空撮で発信する取り組みを始めます。 ドローンを使用して、国立公園の上空から挿画を撮影し、インターネット上 […]

ドローンを始めるなら知っておきたい、有名商用ドローン企業の特徴・主な製品

趣味としてドローンを始めるなら、どんな企業(メーカー)があるのかを、ある程度知識として知っておきたいところです。今注目されているドローンを生み出す企業は、いったいどのような製品を送り出しているのでしょうか? 本記事では、2017年現在で勢いのあるドローン企業の特徴や主力製品、事業内容などを解説してい […]

テラドローン、同一空域でのドローン複数機飛行試験を実施

2017年10月26日、テラドローン株式会社と日立建機株式会社は、共同で複数事業者によるドローンの運行管理を想定したデモンストレーションを実施しました。 近年、ドローンの技術は急速に発展を遂げ、建築や運送、各種施設やインフラの点検など、様々な分野への活用が進み、ドローンの有用性に期待が広がっています […]

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

株式市場でも、フィンテック関連銘柄と並んで注目度の高いドローン関連銘柄。果たして、ドローン業界の市場規模はどの程度のもので、投資すべき業界なのでしょうか? 本記事では、ドローンの特徴や将来性を解説し、今注目の株式テーマ「ドローン」関連銘柄を紹介していきます。   商用ドローン(無人航空機) […]

ドローンニュース新着情報

<中国>変革するドローン活用方法

中国南部広東省、東莞市の小さな工業地区では、住民が不快な臭いを環境保護局に報告すると、8種の大気汚染物質を検出するセンサーを搭載したドローンがデータ収集のために出動することになります。 約20分間周囲を旋回した後、ドローンは収集した情報を色別にマーキングされたデジタルマップとして環境検査員のモニターに送信し、煙突を隠しているプラ​​スチック工場...
タグ:

<中国>太陽光動力UAV、準宇宙空間でのテス…

  中国初の太陽光動力の無人飛行機(UAV)Caihong(CH)が高度2万mでの15時間を超えるテスト飛行に成功しました。通常の航空機では大気の薄さによりエンジン性能が低下する、準宇宙空間での飛行です。 実は米国では、およそ20年前にもPathfinder PlusとHeliosが太陽光動力ドローンとしてのテスト飛行に成功して...
タグ:

<中国>ドローンの「賢さ」を競うコンテストが…

ドローンに搭載した人工知能(AI)の技術を競うコンテストがShanghai Jiao Tong University(上海交通大学)で開催されました。 中国各地の大学からエントリーした22チームが参加したこのコンテストでは、飛行速度や距離ではなく「賢さ」が評価の対象になるため、コンテストに参加するドローンには「人の後を追う」「何かを探す」といっ...
タグ: