• このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者の徘徊を阻止!ドローンを使った見守りシステムとは

高齢化社会がますます進んでいる日本で、認知症の高齢者患者の徘徊問題が深刻化してきている。事実、日本の行方不明者の多くは徘徊の高齢者なのである。 徘徊によってなんらかの事件事故に巻き込まれる可能性は高まるため、予防策を立てておくことが重要となる。 とは言え、四六時中高齢者に付きっきりというのも現実的で […]

長野県の小学校でドローンを活用した児童の見守り実験

長野県諏訪郡富士見町の境小学校で21日、カメラを搭載したドローンを自動飛行させ、下校中の児童を上空から見守る実験を行った。 この実験は、町PTA連合会や諏訪圏マルチコプター協会、諏訪東京理科大の関係者でつくる実行委員会が行ったもの。今回のドローン実験では比較的操縦の容易な自動飛行でも、子どもたちの様 […]

アメリカ海兵隊が3Dプリンターで作ったドローンを開発 偵察機に

近年ドローンの技術の発展と実用化の波の勢いにはすさまじいものがあるが、もう一つ大きく進化を遂げたものに「3Dプリンター」がある。たとえば歯科のセラミック治療でも、スキャニングと3Dプリンターの技術によって短時間での治療が可能となっているという。 そしてこのたびアメリカの海兵隊の次世代ロジティクスチー […]

ドローン飛行でヒューマンエラーを減らすためにできる「チェックリスト」の考え方

先日はドローンの運用システムに欠かせない「ヒューマンファクター(人的要因)」の話をした(参照「ドローンのシステム運用で欠かせない視点「ヒューマンファクター(人的要因)」って?」)。 ヒューマンファクターという視点は、公的な運用システムだけではなく、ドローンの私的な利用でもぜひ持ちたいものである。ヒュ […]

ドローンのシステム運用で欠かせない視点「ヒューマンファクター(人的要因)」って?

世界中を飛び回るビジネスマンや、定期的に旅行に出かける家族連れ、その他のあまりある人々にとって、航空管制が安全に管理されていることは旅の大前提となる。   ドローンも実用化に伴い、これをどう運用するかというシステム作り構想がなされ始め、日本でも各社しのぎを削る事態になってきている(参照「ド […]

「ドローンと教育」という言葉が持つ2つの意味とは?

「ドローンは教育にも役立つ」などと言われる。しかし「ドローンと教育」という言葉には、実は二通りの解釈が可能だ。 一つは、ドローンの操縦スキルを授けるドローンスクールでの教育である。最近は自動車学校がそのノウハウを活かしてドローンスクールを開講するなど、にわかに活気づいている。 そしてもう一つは、ドロ […]

ドローンニュース新着情報

<中国>変革するドローン活用方法

中国南部広東省、東莞市の小さな工業地区では、住民が不快な臭いを環境保護局に報告すると、8種の大気汚染物質を検出するセンサーを搭載したドローンがデータ収集のために出動することになります。 約20分間周囲を旋回した後、ドローンは収集した情報を色別にマーキングされたデジタルマップとして環境検査員のモニターに送信し、煙突を隠しているプラ​​スチック工場...
タグ:

<中国>太陽光動力UAV、準宇宙空間でのテス…

  中国初の太陽光動力の無人飛行機(UAV)Caihong(CH)が高度2万mでの15時間を超えるテスト飛行に成功しました。通常の航空機では大気の薄さによりエンジン性能が低下する、準宇宙空間での飛行です。 実は米国では、およそ20年前にもPathfinder PlusとHeliosが太陽光動力ドローンとしてのテスト飛行に成功して...
タグ:

<中国>ドローンの「賢さ」を競うコンテストが…

ドローンに搭載した人工知能(AI)の技術を競うコンテストがShanghai Jiao Tong University(上海交通大学)で開催されました。 中国各地の大学からエントリーした22チームが参加したこのコンテストでは、飛行速度や距離ではなく「賢さ」が評価の対象になるため、コンテストに参加するドローンには「人の後を追う」「何かを探す」といっ...
タグ: