• このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者の徘徊を阻止!ドローンを使った見守りシステムとは

高齢化社会がますます進んでいる日本で、認知症の高齢者患者の徘徊問題が深刻化してきている。事実、日本の行方不明者の多くは徘徊の高齢者なのである。 徘徊によってなんらかの事件事故に巻き込まれる可能性は高まるため、予防策を立てておくことが重要となる。 とは言え、四六時中高齢者に付きっきりというのも現実的で […]

長野県の小学校でドローンを活用した児童の見守り実験

長野県諏訪郡富士見町の境小学校で21日、カメラを搭載したドローンを自動飛行させ、下校中の児童を上空から見守る実験を行った。 この実験は、町PTA連合会や諏訪圏マルチコプター協会、諏訪東京理科大の関係者でつくる実行委員会が行ったもの。今回のドローン実験では比較的操縦の容易な自動飛行でも、子どもたちの様 […]

アメリカ海兵隊が3Dプリンターで作ったドローンを開発 偵察機に

近年ドローンの技術の発展と実用化の波の勢いにはすさまじいものがあるが、もう一つ大きく進化を遂げたものに「3Dプリンター」がある。たとえば歯科のセラミック治療でも、スキャニングと3Dプリンターの技術によって短時間での治療が可能となっているという。 そしてこのたびアメリカの海兵隊の次世代ロジティクスチー […]

ドローン飛行でヒューマンエラーを減らすためにできる「チェックリスト」の考え方

先日はドローンの運用システムに欠かせない「ヒューマンファクター(人的要因)」の話をした(参照「ドローンのシステム運用で欠かせない視点「ヒューマンファクター(人的要因)」って?」)。 ヒューマンファクターという視点は、公的な運用システムだけではなく、ドローンの私的な利用でもぜひ持ちたいものである。ヒュ […]

ドローンのシステム運用で欠かせない視点「ヒューマンファクター(人的要因)」って?

世界中を飛び回るビジネスマンや、定期的に旅行に出かける家族連れ、その他のあまりある人々にとって、航空管制が安全に管理されていることは旅の大前提となる。   ドローンも実用化に伴い、これをどう運用するかというシステム作り構想がなされ始め、日本でも各社しのぎを削る事態になってきている(参照「ド […]

「ドローンと教育」という言葉が持つ2つの意味とは?

「ドローンは教育にも役立つ」などと言われる。しかし「ドローンと教育」という言葉には、実は二通りの解釈が可能だ。 一つは、ドローンの操縦スキルを授けるドローンスクールでの教育である。最近は自動車学校がそのノウハウを活かしてドローンスクールを開講するなど、にわかに活気づいている。 そしてもう一つは、ドロ […]

ドローンニュース新着情報

<イギリス>外来スズメバチの繁殖に立ち向かう

現在、イギリス海峡に浮かぶジャージー(Jersey)島では外来種である「ツマアカスズメバチ」の大量発生が起きています。 ツマアカスズメバチは女王が十分な働き蜂を確保したのち、いくつもの「二次巣」を作って勢力圏を拡大していく性質があり、これによって在来種のミツバチやトンボなどの生存が脅かされていることが問題視されていました。 また、島で行わ...
タグ:

<イギリス>最新空母にアマチュアドローンが着…

イギリスのアマチュアカメラマンが操縦するドローンが、停泊するイギリス軍の最新鋭空母「HMS Queen Elizabeth」に無断で接近、撮影、さらには着艦できたことが明らかになり、国防上の問題になっています。 事件が起こったのは今年7月中旬から8月にかけて。カメラマンの所属するBlack Isle ImagesのFacebookグループを通じ...
タグ:

<イギリス>ドローン保険登場

Allianz Global Corporate & Specialty (AGCS) は、ドローン市場に向けたデジタル保険の開発に向け、インシュアテック(保険<insurance>とテクノロジー<technology>による造語)の新興企業Flock社と提携しました。   提携後の最初の商品は、「保険料は飛ばす分だけ」...
タグ:

<イギリス>ドローンの規制強化法案を議会に提…

イギリスでは一般人が操縦するドローンと航空機のニアミスが急増していることを受け、ドローンの規制強化法案が議会に提出される見込みです。 この法案では、250gを超えるドローンの登録義務や、空港や刑務所などにはドローンが近寄らないようジオフェンスセンサーを搭載させることも想定しています。 イギリスの民間航空局(CAA)によると、こうした規制強化にはニ...
タグ: