• このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のドローン技術の動向とは?産業・軍事・ホビードローンの現在と将来

ドローン市場は、フィンテック(金融×IT)やVRと肩を並べる、巨大な可能性を秘めたマーケットです。特に、ドローン技術の利活用については世界各地で発展が続けられています。 本記事では、ドローン技術の発展の経緯から、市場規模の現在と将来性、産業用ドローンが活躍する業界などについて解説していきます。 &n […]

マクセル、ナイルワークスと共同でドローン用バッテリー開発

電池・光学部品などの電気機器を製造するメーカー、マクセル株式会社は、農業用ドローンを開発するメーカーである株式会社ナイルワークスと共同で、農業用ドローン専用のリチウムイオン電池を開発しました。 農業用ドローンに搭載されるバッテリーはスマートフォンと比較すると、その容量は約60倍であり、充電中や保管中 […]

ドローンで国立公園の魅力を発信、外国人観光客の増加に期待

近年、ドローン技術の発展により、以前はコストが高かった航空撮影が比較的簡単に行えるようになりました。環境省はそれを受けて、国立公園を訪れる外国人観光客の増加を目指し、国立公園の魅力をドローンによる空撮で発信する取り組みを始めます。 ドローンを使用して、国立公園の上空から挿画を撮影し、インターネット上 […]

ドローンを始めるなら知っておきたい、有名商用ドローン企業の特徴・主な製品

趣味としてドローンを始めるなら、どんな企業(メーカー)があるのかを、ある程度知識として知っておきたいところです。今注目されているドローンを生み出す企業は、いったいどのような製品を送り出しているのでしょうか? 本記事では、2017年現在で勢いのあるドローン企業の特徴や主力製品、事業内容などを解説してい […]

テラドローン、同一空域でのドローン複数機飛行試験を実施

2017年10月26日、テラドローン株式会社と日立建機株式会社は、共同で複数事業者によるドローンの運行管理を想定したデモンストレーションを実施しました。 近年、ドローンの技術は急速に発展を遂げ、建築や運送、各種施設やインフラの点検など、様々な分野への活用が進み、ドローンの有用性に期待が広がっています […]

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

株式市場でも、フィンテック関連銘柄と並んで注目度の高いドローン関連銘柄。果たして、ドローン業界の市場規模はどの程度のもので、投資すべき業界なのでしょうか? 本記事では、ドローンの特徴や将来性を解説し、今注目の株式テーマ「ドローン」関連銘柄を紹介していきます。   商用ドローン(無人航空機) […]

ドローンニュース新着情報

<アメリカ>有害な藻類を監視するドローン

藻類の一部には、花が散る際に急激に水中の酸素を消費して周囲の生物を殺す種類のものや、毒性を伴って漁業従事者やダイバーに健康上の懸念を引き起こす種類のものがあり、有害な藻類の花(Harmful Algal Blooms)の略称としてHABと呼ばれています。 HABを見つけ出す旧来の方法は、小さなボートに乗って調査水域に赴き、専用の偏光レンズを装着...
タグ:

<アメリカ>ハリケーン被災の現場で調査に活躍…

大型のハリケーン「ハーヴェイ」がヒューストンを通過して1週間を待たず、現地では被害額の算出が始まっていました。 このハリケーンによって少なくとも46人が死亡、30,000軒以上の家屋や100万台もの車両が浸水・水没の被害に遭い、 概算ながら被害額はアメリカ史上最大となる1,200億ドル(13兆円)と見込まれています。 そしてこの被災...
タグ:

<アメリカ>花火を置き換える?夜空のドローン…

ドローンによるライトアップ・ショーが活況です。 動画はLAで行われた「ワンダーウーマン」のBlu-rayディスク発売プレミアイベントでお披露目されたIntel社のチームによるドローンショーの様子です。 https://www.youtube.com/watch?v=eUZv2T7zMBo&feature=youtu.be Intel社が...
タグ:

<アメリカ>教育現場に持ち込まれる「ドローン…

ケンタッキー(Kentucky)州南東部の21の学校区において教育制度改善を支援する非営利団体であるケンタッキーバレー教育組合(KVEC)は、科学者や起業家やがドローン関連の発明・事業をブラッシュアップし、また学生たちの開発会社への就職支援を行い、航空宇宙産業を新たなステージに押し上げるため、同州ハザードに2500万ドル相当のドローン試験場を建設する...
タグ:

<アメリカ>枯れた技術から構成された「戦闘用…

民間軍事会社であるDuke Robotics社が、シンプルにして危険な戦闘用ドローンのコンセプトを発表しました。 その戦闘用ドローンは機体の下部に機関銃やスナイパーライフル、またはグレネードランチャーといった火器を搭載するための改造が施されており、通常はドローンのカメラによる撮影がブレるのを防止するために用いられる「ジンバル」が、射撃時に銃を安...
タグ:

<アメリカ>Microsoftが目指す「はば…

昨今、人工知能(AI)の有用性については衆目の一致するところであり、Microsoft社もまた同様に、AIの開発に注力しています。 そしてMicrosoft社が実験しようとしているのは「AIを活用することによってモーターを利用しない」というアイデアです。 通常、ドローンは内蔵されたモーターの動作によって飛行しますが、彼らは「風に乗るベスト...
タグ:

<アメリカ>Amazonはコンテナ基地でドロ…

Amazon社が出願した特許の中に「配送用ドローンの中継基地コンテナ」があることがわかりました。 これらのコンテナは内部に予備バッテリー搭載のメンテナンスユニット、ロボットアーム、車両とドローンが通信するための設備を備えており、列車やコンテナ船、またはトレーラーに搭載することを想定されています。コンテナはこれらの移動手段によって、必要に応じて移...
タグ:

<アメリカ>未来のドローン宅配市場

Amazonをはじめとしたいくつもの大手企業がドローンによる宅配システムをテストし、戸口まで荷物を輸送する「ラストワンマイル」宅配の効率化に取り組んでいます。 GPSを駆使したドローンによるピザ宅配は2016年11月のニュージーランドで、ドミノピザがパートナーのFlirtey社と共に実現しました。 ドローンによるピザ宅配はビッグイベントで...
タグ:

<アメリカ>商用ドローンのグローバル化を牽引…

ドローンは航空機よりもはるかに安く、使いやすいことから、航空写真業界で人気が高まっています。 米国では連邦航空局(FAA)による規制緩和で、ドローンの商業利用に関しての潜在的な可能性が大きく広がりました。 「ドローンサービスの需要はすでに数十億ドル規模の産業だが、商業利用はまだ始まったばかり」と話すのは、商業用ドローン普及のリーダー的立場にあ...
タグ:

<アメリカ>ドローンのデータ収集力がビジネス…

Optelos社はドローンで収集したデータの管理とAI分析を通じて、生産性の向上が可能な産業分野を支援する企業。 2016年創業以来、携帯電話基地局、風力発電タービン、ソーラーパーク、火力発電所、石油ガス開発等で、ドローンを使用した調査・検査のデータ管理・分析を行っています。 同社は顧客企業のワークフロー管理とデータ分析ソリューション提供...
タグ:

<アメリカ>ドローン「セミ」の大群がハリケー…

アメリカでは飛行機から投下してハリケーンのデータを直接収集できる小さなドローンを開発中です。 名前は、日本の夏でもおなじみの『セミ(CICADA)』。 正式名称「Close-In Covert Autonomous Disposable Aircraft(接近自律型使い捨て飛行装置)」の頭文字から命名された『CICADA』は「飛行する回路...
タグ:

<アメリカ>米国の軍事用ドローン輸出規制で、…

  米国がプレデター(Predator)やリーパー(Reaper)等の高度な軍事用ドローンの他国への販売を規制しているのに対し、中国は中東、北朝鮮等各国に、自国製の安価な(中国報道では約半額程度で)軍事偵察・殺傷用ドローンの売り込みをかけています。 米国はこれまで、高度軍事用無人機は敵国に密輸されたり、民主化・市民運動の抑圧に利...
タグ:

<アメリカ>世界初、バイオニック水中ドローン…

生体工学に基づいて設計された世界初の水中ドローンが、来月発売予定です。 BIKIと呼ばれる魚形のこのドローンは水深60mまで潜ることができ、遠隔操作で高画質の写真や動画を撮影できます。 BIKIはRobosea社の製品で、研究開発費はクラウドファンディングサービスであるKickstarterを利用。キャンペーン終了まで4日を残し、目標額を...
タグ:

<アメリカ>太陽光発電ドローン「Aquila…

フェイスブック社は、太陽光発電ドローンAquilaを用いて、インターネットアクセスがない地域にネット環境を提供する計画を推進中。5月22日に2回目のテスト飛行を終えました。 初回の教訓を生かした結果、今回の飛行時間は1時間46分。上空914mまで上昇し、初回の倍速となる分速55mを記録。そもそも速く動く設計でないため、逆風時は時速16ー24km程度です...
タグ:

<アメリカ>消防当局『山火事の現場でドローン…

山火事と戦う消防士にとっての大きな問題…それは、ドローンの不当な接近です。 アメリカ国立火災対策連絡機関(NIFC)の広報担当であるJessica Gardetto氏によると、 火災発生場所の近くでドローンが飛行していたケースは今年だけでも17件にのぼり、このうち14件で、空中からの消防活動が一時的ストップしました。   連...
タグ:

<アメリカ>デッドウッド市議会、ドローン禁止…

7月3日、アメリカのデッドウッド市議会は市内でのドローン飛行に関する決議を可決・公布しました。 デッドウッドでは多数の人が集まるイベント中に無許可のドローンが飛ばされた例がいくつもあり、 このままでは重大事故につながる懸念もあったため当局が規制に踏み切りました。   決議では、市上空でのドローン飛行を趣味やレクリエーション目...
タグ:

<アメリカ>ウェストセネカ警察、ドローンで犯…

「ドローンを使用することによって、事故や火災の調査、そしてあらゆる捜索救助の場面で、 我々は異なる視点、頭上からの視点を得ることができるようになる」と話すのは ウェストセネカ警察のJohn Mcnamara警部補です。   ウェストセネカ警察署は、西ニューヨーク州で初めてドローンを採用しました。 同警察署が州の補助金1...
タグ: