• このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者の徘徊を阻止!ドローンを使った見守りシステムとは

高齢化社会がますます進んでいる日本で、認知症の高齢者患者の徘徊問題が深刻化してきている。事実、日本の行方不明者の多くは徘徊の高齢者なのである。 徘徊によってなんらかの事件事故に巻き込まれる可能性は高まるため、予防策を立てておくことが重要となる。 とは言え、四六時中高齢者に付きっきりというのも現実的で […]

長野県の小学校でドローンを活用した児童の見守り実験

長野県諏訪郡富士見町の境小学校で21日、カメラを搭載したドローンを自動飛行させ、下校中の児童を上空から見守る実験を行った。 この実験は、町PTA連合会や諏訪圏マルチコプター協会、諏訪東京理科大の関係者でつくる実行委員会が行ったもの。今回のドローン実験では比較的操縦の容易な自動飛行でも、子どもたちの様 […]

アメリカ海兵隊が3Dプリンターで作ったドローンを開発 偵察機に

近年ドローンの技術の発展と実用化の波の勢いにはすさまじいものがあるが、もう一つ大きく進化を遂げたものに「3Dプリンター」がある。たとえば歯科のセラミック治療でも、スキャニングと3Dプリンターの技術によって短時間での治療が可能となっているという。 そしてこのたびアメリカの海兵隊の次世代ロジティクスチー […]

ドローン飛行でヒューマンエラーを減らすためにできる「チェックリスト」の考え方

先日はドローンの運用システムに欠かせない「ヒューマンファクター(人的要因)」の話をした(参照「ドローンのシステム運用で欠かせない視点「ヒューマンファクター(人的要因)」って?」)。 ヒューマンファクターという視点は、公的な運用システムだけではなく、ドローンの私的な利用でもぜひ持ちたいものである。ヒュ […]

ドローンのシステム運用で欠かせない視点「ヒューマンファクター(人的要因)」って?

世界中を飛び回るビジネスマンや、定期的に旅行に出かける家族連れ、その他のあまりある人々にとって、航空管制が安全に管理されていることは旅の大前提となる。   ドローンも実用化に伴い、これをどう運用するかというシステム作り構想がなされ始め、日本でも各社しのぎを削る事態になってきている(参照「ド […]

「ドローンと教育」という言葉が持つ2つの意味とは?

「ドローンは教育にも役立つ」などと言われる。しかし「ドローンと教育」という言葉には、実は二通りの解釈が可能だ。 一つは、ドローンの操縦スキルを授けるドローンスクールでの教育である。最近は自動車学校がそのノウハウを活かしてドローンスクールを開講するなど、にわかに活気づいている。 そしてもう一つは、ドロ […]

ドローンニュース新着情報

<アメリカ>有害な藻類を監視するドローン

藻類の一部には、花が散る際に急激に水中の酸素を消費して周囲の生物を殺す種類のものや、毒性を伴って漁業従事者やダイバーに健康上の懸念を引き起こす種類のものがあり、有害な藻類の花(Harmful Algal Blooms)の略称としてHABと呼ばれています。 HABを見つけ出す旧来の方法は、小さなボートに乗って調査水域に赴き、専用の偏光レンズを装着...
タグ:

<アメリカ>ハリケーン被災の現場で調査に活躍…

大型のハリケーン「ハーヴェイ」がヒューストンを通過して1週間を待たず、現地では被害額の算出が始まっていました。 このハリケーンによって少なくとも46人が死亡、30,000軒以上の家屋や100万台もの車両が浸水・水没の被害に遭い、 概算ながら被害額はアメリカ史上最大となる1,200億ドル(13兆円)と見込まれています。 そしてこの被災...
タグ:

<アメリカ>教育現場に持ち込まれる「ドローン…

ケンタッキー(Kentucky)州南東部の21の学校区において教育制度改善を支援する非営利団体であるケンタッキーバレー教育組合(KVEC)は、科学者や起業家やがドローン関連の発明・事業をブラッシュアップし、また学生たちの開発会社への就職支援を行い、航空宇宙産業を新たなステージに押し上げるため、同州ハザードに2500万ドル相当のドローン試験場を建設する...
タグ:

<アメリカ>枯れた技術から構成された「戦闘用…

民間軍事会社であるDuke Robotics社が、シンプルにして危険な戦闘用ドローンのコンセプトを発表しました。 その戦闘用ドローンは機体の下部に機関銃やスナイパーライフル、またはグレネードランチャーといった火器を搭載するための改造が施されており、通常はドローンのカメラによる撮影がブレるのを防止するために用いられる「ジンバル」が、射撃時に銃を安...
タグ:

<アメリカ>Microsoftが目指す「はば…

昨今、人工知能(AI)の有用性については衆目の一致するところであり、Microsoft社もまた同様に、AIの開発に注力しています。 そしてMicrosoft社が実験しようとしているのは「AIを活用することによってモーターを利用しない」というアイデアです。 通常、ドローンは内蔵されたモーターの動作によって飛行しますが、彼らは「風に乗るベスト...
タグ:

<アメリカ>Amazonはコンテナ基地でドロ…

Amazon社が出願した特許の中に「配送用ドローンの中継基地コンテナ」があることがわかりました。 これらのコンテナは内部に予備バッテリー搭載のメンテナンスユニット、ロボットアーム、車両とドローンが通信するための設備を備えており、列車やコンテナ船、またはトレーラーに搭載することを想定されています。コンテナはこれらの移動手段によって、必要に応じて移...
タグ:

<アメリカ>未来のドローン宅配市場

Amazonをはじめとしたいくつもの大手企業がドローンによる宅配システムをテストし、戸口まで荷物を輸送する「ラストワンマイル」宅配の効率化に取り組んでいます。 GPSを駆使したドローンによるピザ宅配は2016年11月のニュージーランドで、ドミノピザがパートナーのFlirtey社と共に実現しました。 ドローンによるピザ宅配はビッグイベントで...
タグ:

<アメリカ>商用ドローンのグローバル化を牽引…

ドローンは航空機よりもはるかに安く、使いやすいことから、航空写真業界で人気が高まっています。 米国では連邦航空局(FAA)による規制緩和で、ドローンの商業利用に関しての潜在的な可能性が大きく広がりました。 「ドローンサービスの需要はすでに数十億ドル規模の産業だが、商業利用はまだ始まったばかり」と話すのは、商業用ドローン普及のリーダー的立場にあ...
タグ: