• このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者の徘徊を阻止!ドローンを使った見守りシステムとは

高齢化社会がますます進んでいる日本で、認知症の高齢者患者の徘徊問題が深刻化してきている。事実、日本の行方不明者の多くは徘徊の高齢者なのである。 徘徊によってなんらかの事件事故に巻き込まれる可能性は高まるため、予防策を立てておくことが重要となる。 とは言え、四六時中高齢者に付きっきりというのも現実的で […]

長野県の小学校でドローンを活用した児童の見守り実験

長野県諏訪郡富士見町の境小学校で21日、カメラを搭載したドローンを自動飛行させ、下校中の児童を上空から見守る実験を行った。 この実験は、町PTA連合会や諏訪圏マルチコプター協会、諏訪東京理科大の関係者でつくる実行委員会が行ったもの。今回のドローン実験では比較的操縦の容易な自動飛行でも、子どもたちの様 […]

アメリカ海兵隊が3Dプリンターで作ったドローンを開発 偵察機に

近年ドローンの技術の発展と実用化の波の勢いにはすさまじいものがあるが、もう一つ大きく進化を遂げたものに「3Dプリンター」がある。たとえば歯科のセラミック治療でも、スキャニングと3Dプリンターの技術によって短時間での治療が可能となっているという。 そしてこのたびアメリカの海兵隊の次世代ロジティクスチー […]

ドローン飛行でヒューマンエラーを減らすためにできる「チェックリスト」の考え方

先日はドローンの運用システムに欠かせない「ヒューマンファクター(人的要因)」の話をした(参照「ドローンのシステム運用で欠かせない視点「ヒューマンファクター(人的要因)」って?」)。 ヒューマンファクターという視点は、公的な運用システムだけではなく、ドローンの私的な利用でもぜひ持ちたいものである。ヒュ […]

ドローンのシステム運用で欠かせない視点「ヒューマンファクター(人的要因)」って?

世界中を飛び回るビジネスマンや、定期的に旅行に出かける家族連れ、その他のあまりある人々にとって、航空管制が安全に管理されていることは旅の大前提となる。   ドローンも実用化に伴い、これをどう運用するかというシステム作り構想がなされ始め、日本でも各社しのぎを削る事態になってきている(参照「ド […]

「ドローンと教育」という言葉が持つ2つの意味とは?

「ドローンは教育にも役立つ」などと言われる。しかし「ドローンと教育」という言葉には、実は二通りの解釈が可能だ。 一つは、ドローンの操縦スキルを授けるドローンスクールでの教育である。最近は自動車学校がそのノウハウを活かしてドローンスクールを開講するなど、にわかに活気づいている。 そしてもう一つは、ドロ […]

ドローンニュース新着情報

ドローンを使って野生動物をやさしく撃退するサ…

スカイロボットは9月13日、赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンを使って山中の野生動物を探索・調査するサービス「SKY ANIMALS」を発表。10月1日から販売を開始する。 近年野生動物が農作物を荒らしたり、人に危害を加える被害が多発している。その被害総額は年間およそ230億円、被害面積は9.7万ヘクタールにも及ぶという。 さらに...

オートバックスがDJIのドローン販売 Pha…

オートバックスセブンは、DJI JAPANと正規販売代理店契約を締結した。 DJIの代表的なドローン、「Phantom」シリーズやスタビライザー「Osmo」シリーズなどを、9月からスーパーオートバックスやオートバックスの一部店舗において販売開始し、点検や修理サービスについても対応していく予定。 DJI JAPANと正規販売代理店契約を締結する...

米国ハリケーンの被害状況調査にドローン 有用…

2017年8月、アメリカ史上最大規模の被害をもたらしたと言われるハリケーン「ハービー」。被災地となった米テキサス州ヒューストンでは空域制限がされるなか、連邦航空局はドローンの飛行を例外的に許可したという。被害状況をドローンを使って調査する。 46人が死亡、30,000軒以上の家屋が浸水、100万台ものクルマが水没、経済損失は日本円で約13億円。...

古都鎌倉の防災も考える「一般社団法人鎌倉ドロ…

東京にほど近い古都として人気のある鎌倉。 貴重な文化財が多く、年間約2200万人もの観光客が訪れる鎌倉は、ご存知の通り海に面している。そのため東日本大震災のおりには市民の間に津波の不安が広がり、防災意識が強まったという。 さて、2017年の6月、鎌倉で「一般社団法人鎌倉ドローン協会」が発足した。 同協会の主な事業内容は、鎌倉や湘南地区の...

ドローン操縦者になりたいと思ったら仲間づくり…

サムネイルがない場合に表示
ドローンに興味があっていずれ本格的に操縦者になりたいと考えるのなら、「すべて1人でやる」という考え方はおすすめしない。 確かに今は家に居ながらにしてインターネットでさまざまな情報が手に入るし、通販で機体を購入することも可能だ。 しかし、実際に知識のある人たちと交流を持つことのパワーは大きい。スキルの向上が期待できるのはもちろんのこと、経験から学ん...

ドローン初心者はどんなドローンを最初に手に入…

ドローンに興味のあった初心者が、ようやく機体を手に入れたら喜びもつかの間。次なる悩みは「ドローンをどこで飛行させるか」である。 いきなり屋外に持ち出すのはさすがにNGで、機体の重量の軽いドローンの場合には風に流され行方知れずになってしまうことがある。 行方知れずというのも笑い事ではなく、墜落によって誰かを傷つけたり、火災の原因となったりす...

「ドローンについて勉強したい」から知る自分の…

「ドローンについて勉強したい」 そのように思ったらどうすればいいだろう。 ドローンスクールに通うのか? それとも独学か? 愛好会などを探してみるのか? いやその前に、そもそも「ドローンについての勉強」ということの意味を自問しなくてはならないだろう。 ドローンの操縦技術を学びたいということであれば、スキルについて学べるスクールに通うのは...

ドローンは「身体の延長」だ――ドローンと孫の…

「ドローンは人間の代わりとなって仕事をする」ということが言われる。 これはまことに正しいのだが、実は「ドローンは人間の身体の延長である」という言い方もできる。ドローンを操縦者の身体の一部と受け取る見方である。 当たり前のことだが、人間は空を飛ぶことはできないし、深海で息を吸うこともできない。 しかしそれはあくまでも「身体の構造上は」という話...