• このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のドローン技術の動向とは?産業・軍事・ホビードローンの現在と将来

ドローン市場は、フィンテック(金融×IT)やVRと肩を並べる、巨大な可能性を秘めたマーケットです。特に、ドローン技術の利活用については世界各地で発展が続けられています。 本記事では、ドローン技術の発展の経緯から、市場規模の現在と将来性、産業用ドローンが活躍する業界などについて解説していきます。 &n […]

マクセル、ナイルワークスと共同でドローン用バッテリー開発

電池・光学部品などの電気機器を製造するメーカー、マクセル株式会社は、農業用ドローンを開発するメーカーである株式会社ナイルワークスと共同で、農業用ドローン専用のリチウムイオン電池を開発しました。 農業用ドローンに搭載されるバッテリーはスマートフォンと比較すると、その容量は約60倍であり、充電中や保管中 […]

ドローンで国立公園の魅力を発信、外国人観光客の増加に期待

近年、ドローン技術の発展により、以前はコストが高かった航空撮影が比較的簡単に行えるようになりました。環境省はそれを受けて、国立公園を訪れる外国人観光客の増加を目指し、国立公園の魅力をドローンによる空撮で発信する取り組みを始めます。 ドローンを使用して、国立公園の上空から挿画を撮影し、インターネット上 […]

ドローンを始めるなら知っておきたい、有名商用ドローン企業の特徴・主な製品

趣味としてドローンを始めるなら、どんな企業(メーカー)があるのかを、ある程度知識として知っておきたいところです。今注目されているドローンを生み出す企業は、いったいどのような製品を送り出しているのでしょうか? 本記事では、2017年現在で勢いのあるドローン企業の特徴や主力製品、事業内容などを解説してい […]

テラドローン、同一空域でのドローン複数機飛行試験を実施

2017年10月26日、テラドローン株式会社と日立建機株式会社は、共同で複数事業者によるドローンの運行管理を想定したデモンストレーションを実施しました。 近年、ドローンの技術は急速に発展を遂げ、建築や運送、各種施設やインフラの点検など、様々な分野への活用が進み、ドローンの有用性に期待が広がっています […]

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

株式市場でも、フィンテック関連銘柄と並んで注目度の高いドローン関連銘柄。果たして、ドローン業界の市場規模はどの程度のもので、投資すべき業界なのでしょうか? 本記事では、ドローンの特徴や将来性を解説し、今注目の株式テーマ「ドローン」関連銘柄を紹介していきます。   商用ドローン(無人航空機) […]

ドローンニュース新着情報

あのクボタがドローンを開発!農業用ドローンと…

産業用機械を開発しているクボタが、ドローンを発表しました。2016年に市場に投入したのは、予想通り農業用のドローンでした。農業用のドローンとはどのような用途で使われ、農業におけるドローン利用はどのように進んでいくのでしょうか。詳しくみていきましょう。   農業はドローンに注目 ドローンは、この世に登場して以降、さまざまなビ...

ドローン、韓国で中小企業競争製品に指定

韓国ベンチャー企業部は、10月9日、小型無人飛行機ドローンを「中小企業競争製品」に指定すると表明しました。 「中小企業者間競争製品」とは、中小企業者の指定製品における市場の拡大などを支援し、国内での生産力の向上および研究開発の促進を目的として、韓国ベンチャー起業部長官が告示する行政措置です。 指定製品として登録されると、登録から3年間、年...

規制の緩和でアメリカのドローン開発が変わる?

世界有数の半導体企業であるインテルは多国籍企業だが、その本拠地はアメリカカリフォルニア州にある。インテルは半導体及びCPUで世界一のシェアを持っているが、ここ最近話題になっているのはドローンの開発である。 ドローンショー、ドローン花火で使われる「シューティングスター」という機体は、インテルとディズニーが協力して開発したものである。 https:/...

トランプ大統領、ドローン配送テストの規制緩和…

アメリカのトランプ大統領は、ドローンの商用利用への規制緩和のための大統領令を発した。これにより、Amazonや「Project Wing」を運営する、Googleの親会社のAlphabeのようなテクノロジー企業はドローンのテスト規模を拡大できる可能性がある。 トランプ氏が米国時間10月25日に発した大統領令は、州政府と地方自治体に対して、米連邦...

国土交通省がドローンを規制。定められたそのル…

ドローンは、航空写真を手軽に取ることができる画期的なデバイスです。ですが、日本国内には、航空写真を撮ってはいけないところ、空であっても侵入してはいけないところなどが多数あります。 国家機密を守り、安全な国土を守っていくためにも、ドローンは国土交通省によって規制されています。今回は、国土交通省の定めるドローン規制について見ていきます。  ...

名古屋空港でドローンを活用した施設点検サービ…

世界有数のドローンスタートアップであるベルギーのUnifly社と提携しているテラドローン株式会社が、名古屋鉄道・中日本航空・コハタらと共同で、ドローン(無人航空機)による空港の滑走路や施設点検の実用化へ向けた実験に成功したと発表しています。 テラドローン社はドローン運行管理システム(UTM)を通じて、空港内でドローンを活用するシステムを提供して...

ドローンの名が広まった「首相官邸ドローン落下…

あなたは、2015年に起きた首相官邸ドローン落下事件を覚えているだろうか。 4月22日に官邸の屋上で不審なドローンが発見された、あの事件である。 ドローンは黒く塗られ、放射能マークを張り付けた容器や発炎筒が取り付けられていたことで、マスコミでも騒がれた。 その後、「反原発を訴えるためにやった」という犯人が逮捕されている。 それまで日本...

米連邦航空局(FAA)は、10個の歴史的建造…

米連邦航空局(FAA)は、米国時間9月28日に「自由の女神」を含む10個の歴史的建造物を対象に、境界線から400フィート(約121.9m)以内をドローン(無人航空機)が許可なく飛ぶことを禁止しました。 同局は米国家安全保障局および法執行機関の要請を受けて、今回の措置を「 Title 14 of the Code of Federal Regul...

ドローンは飛行時間が長いほうが良い?

無人飛行機、つまりドローンは、あまり長時間飛ばすことができません。ドローンの飛行時間は30分前後の製品が多いのではないでしょうか。小型になればなるほど、可能になる飛行時間は短くなる傾向があります。これは、本体やバッテリーの性能によって、それぞれドローンごとに飛行時間が異なるのですが、できれば飛行時間が長いほうが、望ましいでしょう。 それでは、ドローンを...

愛知県で2校目!専用飛行場を備えた施設を新築…

愛知県で2校目!専用飛行場を備えた施設を新築! 『ドローンスクルジャパン愛知名古屋校』 全国24校目となるドローン専用の屋外飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン愛知名古屋校​』を10月31日(火)に開校する。10月26日(木)の開校式には、開校式典および記者会見が行われた。 全国24校目! 『ドローンスクルジャパン愛知名古屋校』とは? 株...

韓国ドローン事情 ムン・ジェイン政権下ではど…

2016年より混乱していた韓国の政治が、パク・クネ大統領の罷免という形で幕を下ろしたのは記憶に新しい。ここで特に政治について深く述べる気はないが、パク・クネ政権下では韓国の新産業としてドローンに注目していたことだけは触れておかねばなるまい。 積極的なドローンショーの開催、ドローンレーサーの育成を行う企業の登場、官民が連携しての開発の注力など、目に見える...

福島県那須川市にドローンスクール「ブルースタ…

福島県那須川市の株式会社あおい(建設業)の菊池大介氏は、ドローン(小型無人機)の利用促進を図る「ドローンエキスパートアカデミー福島」を運営する郡山市の株式会社ARSA(アルサ)の鹿又将征氏とパートナー協定を結びました。 これに伴い、那須川市にてドローン操作を学ぶ「JUAVACドローンエキスパートアカデミー福島須賀川ブルースタジアム校」を開講し、...

将来有望なドローンはどれ?比較して検討してみ…

ドローンが世の中に登場してから、数多くのドローン製品が市場に投入され、最近では値段も安価になりました。1〜2年前までは数十万円したドローンですが、現在は1万円を切る製品も登場しています。ドローンを比較検討して、どのドローンがもっともあなたに合うのかを、ぜひとも探してみましょう。   ドローンを比較するときの注意点 ドローン...

韓国のドローン市場、中国が9割以上を占める

2017年10月23日、中国メディアの環球網によると、年間100億ウォン(約10億円)台に達する韓国のドローン市場のうち、90%以上を中国企業が占めていることが分かった。韓国国内のドローン市場関連の調査データが発表されたのは今回が初めて。 中国製のドローンは、特に入門用の中低価格製品が多く売れ、平均販売価格が20万ウォン(約2万円)台だという。...

ドローンによる農薬散布は、農業の生産性を大き…

農薬散布は、従来ならば地表で行われてきました。それがドローンの空中からの農薬散布によって、かなり効率的に、なおかつ安価にできるようになってきています。それまでも、飛行機による農薬散布などはありましたが、飛行機を手配するのに莫大なお金がかかっていました。 今回は、ドローンの農薬散布活用の事例について、詳しく見ていきましょう。   ド...

徳島ドローン特区でお年寄りにドローンが薬を届…

9月29日に「徳島ドローン特区」に指定される徳島県那賀町にて、町とNTTドコモが協力し、スマートフォンの電話回線を用いて、自動運行によるドローン物資運航実証実験を行いました。 今回の実証実験は徳島ドローン特区を抱える四国でも初の試みで、徳島県那賀町の日野谷診療所から、那賀川を挟んで約1キロ離れた民家に薬を運ぶという想定で実験を開始。スマホが取り...

国内23校目『ドローンスクールジャパン伊勢志…

国内23校目!『ドローンスクールジャパン伊勢志摩校』開校! 10月25日(水)産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボットが、全国23校目となる『ドローンスクールジャパン伊勢志摩校』を開校した。開校日には開校式典を開催し、デモフライトも行った。 『ドローンスクールジャパン伊勢志摩校』 家族で楽しめるカリキュラムも 株式会社スカイロボット...

ドローンが練習できる飛行場の今後は?

ドローンは航空法で規制され、条件によっては申請で飛行許可を得る必要がある。 人口集中地区を飛行させる際にも申請が必要だが、首都圏はほぼこれに当てはまってしまうため、飛行できる場所は非常に限られる。 ちなみに、私有地であったとしても人口密集地区になっていれば、申請はしなくてはいけない。たとえそれが大邸宅であっても、申請許可がなければ庭でのドローン飛行はNG...

台湾の賀陳旦交通部長(交通相)が平洋経済協力…

台湾の賀陳旦交通部長(交通相)は、パプアニューギニアで6日〜7日まで行われるアジア太平洋経済協力会議(APEC)交通大臣会合に出席し、交通事故現場調査へのドローン(小型無人機)導入の成果についてアピールしました。 花蓮県警察局は、台湾科技大学(台北市)の研究チームと連携し、交通事故の現場調査に今回初めてドローン(無人航空機)を導入しています。 ...

ドローンの購入は、何を基準に選べば良い?

ドローンが世の中に登場してから、たくさんのドローンが販売されるようになりました。ドローンを購入したいと考えたとき、あまりにたくさんの種類があるので、どれを選んだら良いかわからない、といったことで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 今回は、ドローン購入の基準を考えていきましょう。   ドローン購入の基準は、目的によって異なる ...