自動車学校でドローン教習のなぜ?――岩手ドローンスクールの場合


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月に自動車学校によるドローンスクールとして、岩手県奥州市の江刺自動車学校が「岩手ドローンスクール」を開講した。自動車学校がドローンスクールを開くのは日本初の試み。
福島でも県自動車学校協同組合が加盟校での事業展開の準備を進めているほか、栃木県や福岡県でも自動車学校によるドローンスクールの流れが出てきているようだ。

なぜ自動車学校がドローンを教えるのだろうか。

少子化による生徒数減少によって、自動車学校は今厳しい状況にある。
そこで岩手ドローンスクールでは、ドローンスクールを新たな柱として生徒数を確保する算段だ。とは言え副業に甘んじる気はなく、広い敷地と車の教習で培ったノウハウを活かしてクオリティの高い授業を提供するという。

4日間のカリキュラムのうち、初日は座学。そこでは航空法などの法律や操作方法だけでなく、気象や環境についての知識も学ぶ。2日目と3日目は実技だが、初日から1、2週間空け、生徒が自宅でドローン練習を行う。最終日の4日目の最終試験に合格すれば、操縦技能資格と安全運航管理者資格が取得できる。
この資格はドローンに関する技能や知識を有する証明となり、ドローン飛行の申請プロセスが簡略化できる。

費用は入会金が3万円、受講料が24万円(いずれも税別)で、練習用のトイドローン代とテキスト代を含んでいる。

2017年5月からの講習を第1期とし、直近の第3期までで28人がすでに講習を修了している。

参照:「ドローン講習、なぜ自動車学校で? 「陸」から「空」へ参入するメリットとは

関連記事

ドローンニュース | その他のニュースの最新記事