ドローン墜落で大ケガ 人身事故の報告は国内初


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県藤沢市の工事現場で今月、ドローンが墜落し、作業員が顔に大けがを負っていたことがわかった。

建設工事現場イメージ

国土交通省などによると、先月18日午前10時過ぎ、藤沢市の建設工事現場を空撮するために飛行していたドローンが墜落し、30歳代の男性作業員に衝突。作業員はヘルメットを着用していたが、顔を数針縫うけがを負った。

墜落したドローンは重さ約1キロ。
飛行中に電波障害が発生し、制御不能になったと見られている。

同省によると、ドローンを巡っては過去、約50件の事故やトラブルが報告されていたが、人との衝突事例は初めてとのこと。

「空の産業革命」と呼ばれ、官民ともにドローン活用への期待が高まる中、安全面の課題が改めて浮き彫りになった形だ。

参照:「ドローン墜落、作業員大けが…初の人身事故報告

関連記事

ドローンニュースの最新記事