レディ・ガガがドローン300機をバックダンサーに


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、何かと話題に事欠かないアメリカではあるが、国民が熱狂するフットボールの優勝決定戦、「スーパーボウル」は今年も滞りなく開催された。

試合の行方はもちろんこと、レディ・ガガによるハーフタイムショーにも注目が集まっていた。そしてその演出には、数百機のドローンが使用されていたことが明らかになった。

レディ・ガガ

使用されたのは、300機に及ぶインテル社製のドローン「Shooting Star」。以前にも取り上げた、ディズニーでのショーに使われた機体と同じものだ。

約13分間にわたりヒット曲をメドレー形式で熱唱したレディ・ガガ。

オープニングの「God Bless America」では、背景の夜空に数百個に及ぶ星のようなドローンが赤や青に色を変えながら、最後はアメリカ国旗の形に整列した。

事前プログラムによって飛行する「Shooting Star」たちは、お互いに衝突を避けながら群衆飛行し、空を彩る。この技術は、行方不明者の探索などショー以外にも応用できる。

インテルによると、ドローンを群衆飛行をさせるにあたっては機体数の制限はないという。
一万のバックダンサーではなく一万のドローンが、人気歌手の名脇役としてショーを盛り上げるとしたら――なんとも面白い話ではないか。

参照:「300機のドローンが空を踊る ― Lady Gagaの後ろにはIntel製ドローンのバックダンサーが

レディー・ガガ「ドローン300機」と共演 米スーパーボウルで

関連記事

ドローンニュースの最新記事