改正航空法から一年 確認しておきたいドローンの禁止飛行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月にドローンのルールについて盛り込まれた改正航空法が施行されて、早一年が経過した。それまでの旧航空法では、ラジコンや農業用ヘリといったものについてはまったく触れられておらず、そのために自主的なルールに任せていた部分がかなりある。

改正航空法では、それらラジコン、農業用ヘリ、そしてドローンに関して共通してルールの遵守が求められるようになった(ただしいずれも200g以上のもの)。

夜景の画像

ここで今一度、改正航空法にある原則として禁止されている飛行方法についてまとめておこう。

●夜間の飛行
●目視外の飛行
●30メートル未満の飛行
●イベントの上空での飛行
●危険物の輸送
●物の投下

たとえば、あなたのお子さんが活躍する運動会をドローンで空撮したいと思っても、それは禁止事項となっている。もしも上記の条件で飛行したい場合には、国土交通省への事前の許可申請が必須である。

%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e7%a6%81%e6%ad%a2%e4%ba%8b%e9%a0%85

 

航空法ばかりではなく、個人情報保護法(被撮影者のプライバシーの問題等)や各都道府県の条例ももちろん無視できない。

空撮などのホビー目的のドローンのフライトの際には、ルールをよく確認した上で楽しんでほしい。

関連記事

ドローンニュースの最新記事