ゼンリンとKDDIが業務提携 本格的事業化へ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンをさまざまな事業に活かすため必要なもの――その一つに「空の地図」がある。なるほど空の障害物を避けるには、どこに何があるかを詳細に記した立体型の地図が必須だろう。

地図の画像

その需要に応える形で、地図会社のゼンリンが「空の3次元地図」を手がけることとなった。19日に行われた記者会見で、ゼンリンは大手通信会社であるKDDIと、ドローン機体開発のプロドローンと業務提携したことを発表。本格的な事業へ向かう。

従来の地図情報に、ビルや住宅といった建物や山などの地形の正確な高さの情報を加えた、ドローン専用の地図の作成を行う。

他方、KDDIはドローンを遠隔で操作し運行を管理したり、データを集積できたりするシステムの開発を目指すようである。

各々の企業の持っているドローンのノウハウを活かし、インターネット上の3次元地図、運航管理情報などとの連携により自律飛行を実現する「スマートドローンプラットフォーム」の開発を行う。

参照:「ドローン向け「空の3次元地図」を作成へ」「KDDI、ドローン事業化へゼンリンなどと提携」「KDDIなど「スマートドローンプラットフォーム」の商用化に向けて提携

関連記事

ドローンニュースの最新記事