ドローン工場で働いていたマリリン・モンロー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある有名女優とドローンとの深い関わりの話をしよう。

ドローンが軍事用の航空機として進化を遂げてきたことは、すでによく知られた事実だろう。

第二次世界大戦時には、一万機ものターゲット・ドローン(標的無人機)がアメリカの工場で作られた。工場に多くの働き手がいたことはもちろんである。

ある時ドローンを作る女工の姿を収めた写真が、陸軍の広報誌に掲載された。

そもそもこの写真撮影自体、陸軍の広報利用のために写真家を派遣したものだった。

広報目的ゆえに、見目麗しい女工が被写体として選ばれたことは、当然といえば当然であっただろう。

しかし事態は思わぬ方向へ向かうこととなる。

写真に映る当時19歳だったノーマ・ジーン・ベイカーという女性の美しさに、業界人が注目し、彼女はモデルとしてスカウトされた。

lips-327493_640

ノーマは元はブルネットだった髪の毛を金髪にかえ、スターダムにのし上がった。セクシーなドレスに魅惑の唇にほくろ……。

そう、マリリン・モンローである。
ドローン工場でプロペラを付けていた彼女自身も、まったく予期していなかったことだろう。

ドローンとともにマリリン・モンロー自身もまた、飛翔していったというわけだ。

関連記事

ドローンニュースの最新記事