意外と長距離!?ドローンってどこまで飛ばすことができるの?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンがどれだけの距離を飛ばすことができるかを紹介します。実は、メーカーが飛行可能としている距離は法律上も環境上も難しいです。それでもなるべく遠くにドローンを飛行させたい人に、必要なことも紹介していきます。

ドローンはどれだけ遠くへ飛ばせるの?


ドローンをどれだけ遠くに飛行させることができるのか、気になる人は多いのではないでしょうか。ドローンを使ったビジネスを考えている人にとってはもちろんですが、趣味でドローンを扱いたい人にとっても興味深いことだと思われます。

ドローンメーカーのデータで言うと、DJIのSparkは2,000m、Mavic Pro、Phantom4シリーズは4,000mの伝送範囲があり、飛行させることができることになっています。

他メーカーのドローンでも、伝送範囲は2,000m以上あるものが多く、理論上ではドローンは2,000m以上飛行させることができます。

直線距離で遠くまで飛ばすのは大変!


理論上では2,000m以上の飛行が可能なドローンですが、これはあくまでも理論上の話です。というのはメーカーが示している最大伝送範囲というには、障害物が全くなく、無風状態でのデータだからです。

実際には障害物が全くないことも無風状態も難しいため、最大伝送範囲に達する前に電波が途絶えてしまいます。

さらに、ドローンは航空法で、原則的に目視ができる範囲内で飛行させなければならないことになっています。また、高度150m以上で飛行させることができませんし、目視できる範囲を超えてドローンを飛行させる場合は、地方航空局長の承認を受けないといけません。

普通目視できる範囲は100m~300mほどです。そのため、理論上は2,000m以上飛行させることができるドローンですが、直線距離で飛行させるのは300mほどが限界ということになります。

ちなみに、過去に国土交通省の承認を得て、直線距離でどれくらいドローンを飛行させることができるのかという実験が行われたことがあります。その時の記録は600mでした。

ドローンの飛行距離を伸ばすための環境とは


直線距離でドローンの飛行距離を伸ばすのは難しいですが、電波の届く範囲で周回させるなら、飛行距離を伸ばすことができます。
DJIのPhantomシリーズで約20分飛行させたところ、約6,000m飛行させることができたというデータがあります。

Phantomシリーズのドローン、Phantom4は約30分の飛行が可能になっていますので、バッテリーの残量ギリギリまで飛行させるなら、約9,000mの飛行が可能です。

東京駅から新宿駅の距離が7,300mですので、9,000mというのはかなりの長距離だと認識していただけると思います。

ドローンを長距離フライトさせるには、障害物がない場所、風のない時を選ぶと良いでしょう。

ドローン長距離ならこの機種!


ドローンを長距離飛行させたいなら、DJIのPhantom4 ProかPhantom4 Advancedがおすすめです。最大飛行時間が約30分ですので、長時間飛行させることができます。

最大伝送範囲も両機種とも4,000mですから、障害物や風の状態にもよりますが、目視の範囲で電波が途切れることは少ないでしょう。

価格はPhantom4 Proが税込204,000円、Phantom4 Advancedが税込179,000円です。カメラは両機種とも2,000万画素で、高品質なカメラが付いていますので、鮮明な動画を撮影することができます。

ドローンは理論上では2,000m以上の長距離フライトが可能ですが、直線距離では環境や航空法の関係で300mほどの距離が限界となっています。しかし目視できる範囲で周回させるなら、300mを超える長距離フライトが実現可能です。DJIのPhantom4シリーズなら約9,000mは飛行できるでしょう。

関連記事

ドローンニュース | はじめてのドローンの最新記事