• このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドドローンニュース

韓国ドローン事情 ムン・ジェイン政権下ではどうなる?

2016年より混乱していた韓国の政治が、パク・クネ大統領の罷免という形で幕を下ろしたのは記憶に新しい。ここで特に政治について深く述べる気はないが、パク・クネ政権下では韓国の新産業としてドローンに注目していたことだけは触れておかねばなるまい。 積極的なドローンショーの開催、ドローンレーサーの育成を行う企業の登場、官民が連携しての開発の注力など、目に見える...

韓国のドローン市場、中国が9割以上を占める

2017年10月23日、中国メディアの環球網によると、年間100億ウォン(約10億円)台に達する韓国のドローン市場のうち、90%以上を中国企業が占めていることが分かった。韓国国内のドローン市場関連の調査データが発表されたのは今回が初めて。 中国製のドローンは、特に入門用の中低価格製品が多く売れ、平均販売価格が20万ウォン(約2万円)台だという。...

熱々のメキシコ料理もドローンで配送 豪で試験的に実施

サムネイルがない場合に表示
ブリトーといえばトルティーヤに具材を巻いて食す、メキシコ料理の一つだ。 オーストラリアの首都キャンベラ近郊で、熱々のブリトーを自宅の庭までドローンが配送するサービスが試験的に実施されることとなった。 今回の実験は、米グーグルの親会社アルファベットの研究開発部門「X(エックス)」のドローン配送プロジェクト「プロジェクト・ウィング」が、17日に発...

世界中が注目するドローン研究者、ラファエロ・ダンドレア氏とは?

スイスのチューリッヒ工科大学(ETH)に、世界中が注目するドローン研究者がいることをご存知だろうか。ラファエロ・ダンドレア氏は、米アマゾン・ドット・コムが買収したロボットベンチャーの共同創業者でもある。 ダンドレア氏はイタリア生まれ。その後カナダに移住し、トロント大学と米カリフォルニア工科大を経て、米コーネル大の教授職に就いた。その後、2007...

スイスでドローンの実用化が進むその理由とは?

血液サンプルをドローンを用いて輸送するシステムの構築や、メルセデスベンツが他者と協力して進めているドローン配送テストなど、スイスでのドローン活用の実用化がここ最近で続いている。 ヨーロッパにおけるドローン先進国と言えばフランスであるが、実はスイスでもドローンの思い切った実用化が進んでいる。これはひとえにスイスの風土がそうさせているのである。 ...

メルセデスベンツがドローン併用の配送サービス スイス

メルセデスベンツは先週から、スイスチューリッヒにてドローンを使った配送サービスを試験的に実施している。メルセデスベンツは、EコマースのスタートアップSiroop、ドローンメーカーのMatternetと協力して、配達時間の短縮を試みている。 メルセデスベンツ、EコマースのSiroop、ドローンメーカーMatternetの3社によるその運用システム...

<イギリス・イラク>アレクサンダー大王の遺跡、ドローンに発見される

イギリス・大英博物館の調査チームによるフィールドワーク調査において、かつてアレクサンダー大王が興したと思われる都市「Qalatga Darband」の遺跡発見にドローンが貢献していたことがわかりました。   チームが調査していたのはイラク・クルディスタン周辺の地域。1960年代のスパイ衛星が残した地表写真によってこの地域に遺跡が...

血液サンプルをドローンで輸送 スイスで運用開始

スイス政府は2017年3月、人口が密集している都市を対象とした、無人物流ネットワークの運営企業に米Matternetを認定した。 患者ケアと病院のコスト削減の為、ドローンを用いた同社の血液サンプル・医療情報収集システム「Matternetステーション」を10月より運用開始するという。 Matternetステーションは、自律型ドローンとクラウド...

<アイスランド>ドローン運送サービスのスタートアップが活況に見える理由

ドローンの主な用途といえば、空撮(調査)と輸送です。 こと物資の運搬に関してはAmazon社やDHL社、UPS社やウォルマート社などの流通・販売大手企業も強い関心を持ち、独自にドローンを利用した輸送サービスの研究・実践をすすめています。 しかし同時に、各国の各都市では必ずしも大企業の主導でないドローン輸送サービスの試験運用が行われる傾向が...

ドローンに「興味あり」が約半数!アウトドアに関する調査

株式会社スペースキーが運営する、アウトドアに関する調査・研究機関「アウトドア総研」がドローンに関する調査を実施し、その結果をレポートにまとめた。ドローンは空撮や飛行可能地点の観点からアウトドアと相性が良いと考えられる。今回はこの調査結果を抜粋して紹介する。 ■アウトドアユーザーのドローンの所有率と購入意欲について 所有率:4.8% 興味あり...

<イギリス>英国防省、ドローン排除システム導入に多額の資金を投入

ドローンを活用していこうとする人々がいる一方で、意に沿わないドローンの侵入をいかに防ぐかについては軍事から法執行、私的な事情も含めて悩みのタネになっています。そんな中、イギリス国防省はドローン対策に2000万ポンド(約30億円)もの巨費を投じようとしています。   イギリス軍とドローンといえば今年8月、停泊していた最新鋭の空母H...
タグ:

ドバイでドローンタクシーの試験飛行が始まる

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイが25日、空飛ぶタクシーに使用するドローンの試験飛行を開始。世界初となるドローンタクシー導入を目指す。 ドローンはドイツのボロコプター社が開発したもので、2人乗りのヘリコプターに似た形状で屋根部分の大きなリングに18基のプロペラが付いている機体。今回の試験飛行は無人で行われた。 ドローンの最大飛行時間は3...

<国連>ドローン登録者の国際データベース設立を呼びかけ

国連の機関である国際民間航空機関(ICAO)に、すべてのドローンを単一のグローバルデータベースとして取りまとめることを支持する動きがあるようです。 ここで想定しているデータベースはICAOによって管理される可能性があり、ドローンとその所有者が登録され、各国の法執行機関がリアルタイムにアクセス可能なものになる、とされています。 ICAOは各...

アメリカ海兵隊が3Dプリンターで作ったドローンを開発 偵察機に

近年ドローンの技術の発展と実用化の波の勢いにはすさまじいものがあるが、もう一つ大きく進化を遂げたものに「3Dプリンター」がある。たとえば歯科のセラミック治療でも、スキャニングと3Dプリンターの技術によって短時間での治療が可能となっているという。 そしてこのたびアメリカの海兵隊の次世代ロジティクスチーム「NexLog」が、「3Dプリントで出力したドローン...

<スコットランド>世界初の「ドローン航路」

今月(2017年9月)末、スコットランド北西部、ヘブリディーズ諸島のLewis島において世界初の「ドローン航路(Drone way)」の試験が行われます。 この航路はイングランド本島からLewis島のStornowayまでの約25マイル(40km)となり、携帯電話網の電波を利用することでドローンが正確にガイドされて目的地までたどり着けるか、を実...

<スウェーデン>AEDを搭載した救命ドローン

心臓疾患、特に生命を脅かす不整脈については発作直後の数分間に自動体外式除細動器(AED)による救急治療を受けられるかが生存率に直結していることが広く知られています。 スウェーデンに本社を置くFlyPulse社が開発したLifeDrone AEDは、不整脈の状態を自動的に診断し、これを治療することができるAEDを備えたドローンです。 Lif...

<アメリカ>有害な藻類を監視するドローン

藻類の一部には、花が散る際に急激に水中の酸素を消費して周囲の生物を殺す種類のものや、毒性を伴って漁業従事者やダイバーに健康上の懸念を引き起こす種類のものがあり、有害な藻類の花(Harmful Algal Blooms)の略称としてHABと呼ばれています。 HABを見つけ出す旧来の方法は、小さなボートに乗って調査水域に赴き、専用の偏光レンズを装着...
タグ:

イスラエルでドローン見本市開催 700キロの荷物を運搬するドローンも

イスラエルで最新ドローンなどを展示する見本市が開催された。災害時などに重い物資を運搬できる、自動車のような外観の大型ドローンが注目を集めたという。 この見本市はイスラエルの商業都市テルアビブの近郊で18日開かれたもの。 イスラエルは軍事技術を転用したドローンなどの海外輸出に力を入れており、今回の見本市には30社が出展した。 特に注目を集...

<イギリス>外来スズメバチの繁殖に立ち向かう

現在、イギリス海峡に浮かぶジャージー(Jersey)島では外来種である「ツマアカスズメバチ」の大量発生が起きています。 ツマアカスズメバチは女王が十分な働き蜂を確保したのち、いくつもの「二次巣」を作って勢力圏を拡大していく性質があり、これによって在来種のミツバチやトンボなどの生存が脅かされていることが問題視されていました。 また、島で行わ...
タグ:

<アメリカ>ハリケーン被災の現場で調査に活躍するドローン

大型のハリケーン「ハーヴェイ」がヒューストンを通過して1週間を待たず、現地では被害額の算出が始まっていました。 このハリケーンによって少なくとも46人が死亡、30,000軒以上の家屋や100万台もの車両が浸水・水没の被害に遭い、 概算ながら被害額はアメリカ史上最大となる1,200億ドル(13兆円)と見込まれています。 そしてこの被災...
タグ: