ドローンニュース

広大な土地はドローン利用に最適?北海道のドローン事情

北海道といえば、豊かな自然と広大な土地を誇り、ドローンの農業利用が注目されています。そんな北海道のドローン業界は、2017年になってドローン大会が行われたり、北海道ドローン協会が設立されたり、国内最大級の屋外飛行場を持つスクールが開校したりと、活発な動きを見せています。 今回は、上記を中心に、北海道のドローン事情について紹介します。  ...

物流および災害支援のためのドローン管理システム、実証実験で19機を一括管理

日本無人機運行管理コンソーシアムは2017年10月26日、南相馬市と浪江町でドローン管理システムの実証実験を行いました。今回実験が行われたシステムは、19機のドローンを衝突や無線トラブルなどのトラブルを起こさずに一括管理するシステムです。 近年、ドローンを利用した配達などに期待が高まる一方で、目視外飛行、同時飛行などのシステムの構築や、安全対策...

国際規格認定の空撮会社がYouTube上で解説動画を配信

ドローンを利用した測量や空撮のサービスを提供する「株式会社 八進」は、国土交通省の推奨するBIM(ビム)と呼ばれる建築モデルとドローンに関する動画をインターネット動画配信サイト「YouTube」にて配信しました。 BIMとは、Building Information Modelingの略で、三次元の建築基盤モデルを設計し、設計・施工・検査などの...

数年後には2兆円市場に?国内外のドローン産業について

ドローンが広く普及するに伴い、ドローン産業についても注目が高まってきました。その市場規模は2021年には2兆2,000億円以上にも達する見込みだといいます。今回は、ドローン産業について紹介します。   ドローン産業の例 ドローン産業の例としては、以下が挙げられます。 農業 ドローンを利用した農薬散布など、ドロー...

ドローンゆるキャラ「アラン」と「ドロシー」誕生 日本代表カラーも

ドローンをモチーフにしたゆるキャラがついに誕生しました。江東区ベイエリアのゆるキャラとして誕生した「アラン」「ドロシー」です。 アランとドロシーは、「ドローンの楽しさと空の安全を守るシンボルキャラクター」としてデザインされたキャラクターで、「ゆるキャラグランプリ2018」へエントリー予定です。 アランには特別カラーも製作されており、「ドロ...

ドローンとは?一体どのような構造をしているのかを解説

最近テレビや会話でもドローンという言葉を耳にしますが、実際にはどのような物体でどのような働きをしているのか、知らない方も多いのではないでしょうか。ここではドローンとは何なのか、ドローンの構造について解明してみましょう。   ドローンとは一体どういうもの? ドローンと聞くと空飛ぶラジコンのイメージが浮かびますが、実際のドロー...

現在のドローン技術の動向とは?産業・軍事・ホビードローンの現在と将来

ドローン市場は、フィンテック(金融×IT)やVRと肩を並べる、巨大な可能性を秘めたマーケットです。特に、ドローン技術の利活用については世界各地で発展が続けられています。 本記事では、ドローン技術の発展の経緯から、市場規模の現在と将来性、産業用ドローンが活躍する業界などについて解説していきます。   軍事用途から始まったドローン技術...

マクセル、ナイルワークスと共同でドローン用バッテリー開発

電池・光学部品などの電気機器を製造するメーカー、マクセル株式会社は、農業用ドローンを開発するメーカーである株式会社ナイルワークスと共同で、農業用ドローン専用のリチウムイオン電池を開発しました。 農業用ドローンに搭載されるバッテリーはスマートフォンと比較すると、その容量は約60倍であり、充電中や保管中の火災事故や劣化による機能の低下が課題となって...

ドローンで国立公園の魅力を発信、外国人観光客の増加に期待

近年、ドローン技術の発展により、以前はコストが高かった航空撮影が比較的簡単に行えるようになりました。環境省はそれを受けて、国立公園を訪れる外国人観光客の増加を目指し、国立公園の魅力をドローンによる空撮で発信する取り組みを始めます。 ドローンを使用して、国立公園の上空から挿画を撮影し、インターネット上にて無料で配信するほか、外国のテレビ局に提供し...

ドローンを始めるなら知っておきたい、有名商用ドローン企業の特徴・主な製品

趣味としてドローンを始めるなら、どんな企業(メーカー)があるのかを、ある程度知識として知っておきたいところです。今注目されているドローンを生み出す企業は、いったいどのような製品を送り出しているのでしょうか? 本記事では、2017年現在で勢いのあるドローン企業の特徴や主力製品、事業内容などを解説していきます。   世界シェアの7割を...

テラドローン、同一空域でのドローン複数機飛行試験を実施

2017年10月26日、テラドローン株式会社と日立建機株式会社は、共同で複数事業者によるドローンの運行管理を想定したデモンストレーションを実施しました。 近年、ドローンの技術は急速に発展を遂げ、建築や運送、各種施設やインフラの点検など、様々な分野への活用が進み、ドローンの有用性に期待が広がっています。しかし、その一方で安全面など様々な問題も多く...

ドローンを株式テーマとする有力銘柄5選。商用ドローンの将来性と経済効果は?

株式市場でも、フィンテック関連銘柄と並んで注目度の高いドローン関連銘柄。果たして、ドローン業界の市場規模はどの程度のもので、投資すべき業界なのでしょうか? 本記事では、ドローンの特徴や将来性を解説し、今注目の株式テーマ「ドローン」関連銘柄を紹介していきます。   商用ドローン(無人航空機)の利活用が進む 今や、空撮・...

ドローンの開発者は一体誰なのか?民間・軍事で利用されるドローンの歴史

ドローンは、どんな開発者の手によって生まれ、どのように発展を遂げてきたのでしょうか?今でこそ産業分野だけでなく、個人で手軽に空撮を楽しめるまで進化していますが、もともとのドローンの開発者は一体誰なのでしょうか? 本記事では、ドローンの開発者についてと、ドローンが軍事・民間・ホビーと枝分かれしていくまでの歴史を解説していきます。   ...

トランプ大統領、大統領令でドローンの商用利用の規制緩和

米大統領トランプ氏は、2017年10月25日に、ドローンの商用利用に対する規制緩和を促す大統領を発令しました。その内容は、州政府および地方自治体に対し、商用ドローンのテストプログラムの米連邦航空局承認を得るにあたり、迅速なテスト実施、利用拡大を促すものです。 この大統領令の発令により、夜間飛行や長距離飛行、人の頭上での飛行、荷物の輸送など、現在...

テラドローン、ドローン大学校を「Terra Mapper」に認定

ドローンの技術を使用した測量・インフラ点検・運行システムなどの開発を手がける企業、テラドローン株式会社は、一般社団法人ドローン大学校を、同社の開発するドローンでの測量に適した画像処理および解析のためのソフトウェア「Terra Mapper」の認定校に登録し、「Terra Mapper」の販売代理店契約を締結しました。 ドローン大学校は、お台場と...

iPhoneで操作・空撮が可能!持ち運びやすいカメラ付き小型ドローン5選

近年ではドローンの小型化が進み、iPhoneをはじめとするスマートフォンでも操作や空撮が可能なモデルが増えてきました。特に2017年以降は、フライトを楽しめるだけでなく、多彩なセルフィー(自撮り)機能を備え、空撮を手軽に楽しめるような一般向けのドローンが人気です。 本記事では、旅行・レジャーにも最適なiPhoneで楽しめるドローン機体を5種厳選し、カメ...

ドローン4k画質機体でおすすめはコレ!

ドローンは、特別な資格が無くても飛ばせる無人航空機として今、大変話題となっています。そんなドローンの醍醐味といえば空撮です。ここでは、数あるドローンの中でも初心者におすすめの4k画質カメラのドローンを特徴とともにご紹介していきます。 ここでは、4k画質カメラ搭載のおすすめドローンを一挙にご紹介してまいります。   おすすめのドロー...

米国で落書き消しドローンの開発に着手、費用削減に期待大

カリフォルニア交通局「Caltrans」は、道路の壁などに書かれた違法な落書きを消すための費用に悩まされてきました。 交通規制などにかかる費用を含めると、かかる経費は日本円で1回あたり約670万円。そこでサンノゼ市は、テクノロジーによる社会貢献を目的とする非営利団体「Innovate Your States」と共同で、落書きを消すための方法を題...

防水ドローンなら、雨が降っても池に不時着しても大丈夫

ドローンの中でも、防水機能が施されているものがあります。さらに、水の中から直接離陸することも可能なタイプを選べば、万が一池や川や海などに不時着しても、壊れることがありません。ドローンは精密機器なので、水に弱いはずです。しかし、防水ドローンなら、水によるトラブルを防ぐことができます。   ドローンが防水だと、世界が変わる! ...

格安ドローンなら気軽に飛ばせる!故障しても惜しくない格安のものを買おう

ドローンの価格はピンきりです。高いものは数十万円しますし、安いものは1万円しない金額で購入することができます。格安ドローンとはどのようなものなのでしょうか。格安なら、何度か飛ばして使い捨てにすることもできるのでしょうか。格安ドローンについて、みていきましょう。   格安ドローン、5,000円以下で買える! ドローンがこの世...