次世代サーモグラフィカメラ『FLIR Vue PRO R』発売


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産業用ドローンの開発、販売を手掛ける株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は、2017年2月7日に、視覚イメージとしての赤外線サーモグラフィだけでなく、正確な温度測定値まで表示する赤外線カメラ『FLIR Vue PRO R(フリアービュープロアール)』を発売する。

FLIR Vue PRO R本体

(※画像は『FLIR Vue PRO R』本体)

株式会社スカイロボットは、FLIR社のドローン搭載用の赤外線サーモグラフィカメラ『FLIR Vue』『FLIR Vue PRO』を日本総代理店として取り扱い、太陽光発電所やインフラ設備の点検・検査、行方不明者の捜索、野生動物の保護・監視などに役立てきた。

いずれも、小型の赤外線サーモグラフィカメラとして業界随一の品質と機能を持ってる。が、2月7日に発売する新製品『FLIR Vue PRO R』は、空中からでも正確な温度を測定できることが大きな特長となっている。

FLIR Vue PRO R撮影イメージ

体温計を使う時のことをイメージしてみていただきたい。
通常、物質の温度・生物の体温を測るには、その対象に触れる必要がある。

しかし『FLIR Vue PRO R』は、撮影した画像の画素ごとに正確な校正温度(信頼性のある計測値)を埋め込むという独自技術で、離れた空中からの温度測定が可能になっている。

『FLIR Vue PRO R(フリアービュープロアール)』は、対象に触れずにしてその温度を知ることのできるカメラなのだ。

ところで、赤外線サーモグラフィカメラの画像といえば、赤・オレンジ・青などの色で「熱い部分」「冷たい部分」といった温度感を示すイメージがあるだろう。

『FLIR Vue PRO R』では各部分に「36.5℃」「-3℃」といった正確な温度までも、数字で表示することができる。

これは大きな一歩である。

何せ、温度差を示すのが単なる色の差だけでは、微細な識別まではできないからだ。人間と動物とでは、平均体温も異なる。しかし、従来的なサーモグラフィカメラでは、その2つの差異は見抜けなかったのだから。

人と動物

識別が曖昧だった人間や動物の捜索、夜間監視など、より精密さが必要なドローン業務に最適な機能が備わったというわけだ。

また、検査や点検作業においても、温度差を示すサーモグラフィカメラは使われる。
これは、異常の多くが高温として表れるからだ。
その点、『FLIR Vue PRO R』では温度を数値データとして残すことができるため、報告の際にも便利に活用できる。

触れずにして温度を知り、それを数字として残すこともできる――。
『FLIR Vue PRO R』は、言わばドローンの手の代わりとなる次世代サーモグラフィカメラなのかもしれない。

関連記事

ドローンニュースの最新記事