福島県警 救助訓練にドローン活用


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島県警は11月28日に福島市内の県警機動センターで、ドローンを使った訓練を実施しました。

%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e7%9c%8c%e8%ad%a6
機動隊や警備隊のおよそ80人が参加し、災害時のけが人の救助等やデモ行進の規制等を想定した、緊急時対応の訓練が行われました。けが人救助では、ドローンでけが人の位置を確認し、県警ヘリへ連絡。ヘリから隊員がけが人を引き上げるという連携を取りました。参加した村上祐司機動隊長によると、現在は想定される出動が多様化しているので、訓練によって技術向上を目指したいとのこと。
他にも奈良県警や愛知県警など、全国でドローンを使った救助訓練が行われています。近い将来、ドローンの活躍で、より多くの命が救われることに期待したいですね。

関連記事

ドローンニュース | その他のニュースの最新記事