特区で実証実験 千葉市長が注文しドローンが配達


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月22日にNTTドコモ・楽天・自律制御システム研究所(千葉大学発ベンチャー)の3社は、国家戦略特区に指定された千葉市でドローンを使用した宅配サービスの実証実験を行いました。平成31年までに実用化を目指します。

写真:産経新聞

写真:産経新聞より

実験に参加した熊谷俊人千葉市長はスマホで充電池と本を注文。約40キロ離れた世田谷区の楽天本社からドコモのLTEのネットワーク経由で飛行指示を受け、荷物を搭載したドローンが、稲毛の海岸を離陸し約700メートル離れた場所に着陸しました。熊谷市長は安定したドローンの飛行を評価したそう。

実験当日は飛行区域への立ち入りを禁止するよう20団体との調整が必要だったという経緯も。規制改革が今後の課題として残り、千葉市ドローン宅配等分科会・技術検討会は「海上飛行における第三者の上空の飛行許可が必要」との改革案を出しました。

関連記事

ドローンニュース | 実験の最新記事