人工知能搭載ドローンによる「登山遭難者の早期発見システム」の実証実験を富士山麓にて行いました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界初! 人工知能を搭載したドローンによる 遭難者探索システムの実証実験を、富士山麓で実施

〜    年内の実用化を目指す  〜

 

産業用ドローンの開発、販売を手掛ける株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役 社長:貝應(かいおう) 大介)は、山梨県庁の協力のもと、来る 2016 年 5 月 25 日、富士山麓(山梨県 側)において、世界初となる人工知能を搭載したドローンを使った探索レスキューシステム「TDRS(特 許番号第 5890942 号)」の実証実験を実施します。第一回となる今回の実証実験では、登山道に受信機を 設置し、空からドローン、地上から人(救助役)を展開して、陸空より登山道から外れた登山者を発見 する監視システムの模擬実験を行います。

 

■ TDRSトリプ ドローン レスキュー システム)とは?

この度当社が特許を取得した TRDS とは、3機のドローンが山岳や海上における遭難者を三点計測に より早期に発見するシステムです。昼夜を問わず、遭難者や行方不明者がどこにいてもドローンの編隊 が発見し、救助を支援します。

特に、山岳救助における遭難者の発見に関しては、探索する範囲が極めて広範囲であり、かつ迅速で 確実に発見することが要求されるため、柔軟性と効率性に長けたシステムが求められます。しかしなが ら、従来のシステムでは遭難者の位置情報を高い精度で特定する事は極めて困難であり、あいまいな位 置情報を基に捜索を行う事となり、捜索隊の二次災害の発生が懸念されるなど、さまざまな問題点があ りました。GPS 機器の電池の稼働時間は数時間程度であり、電波が届かないような地形の場合は、遭難 者の存在の把握すらままならず、さらに夜間には捜索を中断せざるを得ないといった致命的な問題が発 生しうるのが現状です。

 

TDRS(トリプルドローンレスキューシステム)は、このような課題を解決するために開発された救助ド ローンシステムです。遭難者が携帯する SKYBEACON(位置と情報を伴った伝達手段)の信号を、人工 知能システムを搭載して遭難者を探索するドローン(SKYRESCUE)がトラッキングし、3 機のドロー ンが遭難者の正確な位置情報を人

工知能システムで計測・特定し、 TDRS アプリを持つ救助隊に通知 します。SKYBEACON は1年半 近く電池が持つことと、GPS に依 存しない位置情報の取得が可能な ので、地形に影響されない信号受 信が可能です。ドローンは夜間で も捜索でき、さらに搭載された赤 外線サーモグラフィーカメラの情 報から遭難者の生死の推測が可能 です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-11-11-39

当社は、TDRS で 2016 年 2 月に特許を取得しました。

 

  • TDRS の仕組み

TDRS では、遭難者・行方不明者がどこにいてもドローンの編隊が発見し救助を支援します。

 

 

1)各ドローンが担当範囲を捜索 山全体を3つの座標エリアに区分し、そ れぞれの座標エリアにドローン(大型機

/SKYRESCUE-T3000) を1 機ず つ飛 行 させます。3 機のドローンが、それぞれ の座標エリアを隅々まで探索飛行し、遭 難者の大まかな位置を特定します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-11-11-54

 

2)位置情報の受信

3 機のドローンのうち 1 機が、遭難者が 発信する電気信号(SKYBEACON)を受 信(受信に成功した最初のドローンを“ヒ ットドローン”と呼びます)。すると、即 座に残りの 2 機が探索エリアを離れ、自 動的にヒットドローンへと向かいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-11-12-03

 

3) 三点計測で遭難位置を特定

残りの 2 機がヒットドローン近辺に到着 すると、ホバリング(停空飛翔)中のヒ ットドローンの周りを、残りの 2 機が搭 載した人工知能の判断により最適な三点 計測の状態になるまで自動的に周回し、 遭難者位置を絞り込んでいきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-11-12-16

 

4) 遭難者を発見!救助隊の出動へ 位置計測端末が解析信号の受信状態の分 断を検知して、通信ルートを制御するた め、解析信号を途切れることなく取得で き、より早く安全に、救助隊に遭難者の 位置情報を通知できます。

また、SKYRESCUE は赤外線サーモグ ラフィーカメラを搭載しているので遭難 者の生死を推測が可能です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-11-12-27

 

■ レスキューパイロット養成講座を開講予定

スカイロボットは TDRS の実用化に向けて、自社 が運営するドローンスクールジャパン(所在地:神 奈川県高座郡寒川町)において、捜索現場でドロー ンを操作するレスキューパイロットの養成講座を今 秋より開講予定です。

ドローンスクールジャパンは、専用の屋外飛行場 に加えて、敷地面積 950 ㎡、天井高約 8.5m の国内 最大規模の屋内飛行場を有し、天候に左右されるこ となく、ドローンを飛ばして飛行練習を行うことが 可能です。

ドローンスクールジャパンに関する詳細: http://www.skyrobot.co.jp/school.html

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-11-13-25

 

<ご参考>

山岳遭難など行方不明者をとりまく現状

  • 日本は登山大国であり、1年に1度以上山登りする登山人口は約 860 万人と言われます。
  • 登山人口は毎年数十万人増え続けています。
  • 登山人口と高齢登山者の増加により遭難事故が毎年増え続けています。
  • 2014 年には全国で 2,293 件の遭難事故が発生しています。
  • 特に、60 歳以上の高齢者が全体に占める比率が極めて高いのが特徴です。
  • 現状は、行方不明者の捜索に大勢の救助隊員やヘリコプターが出動し、目視での捜索活動を行 っています。彼らの苦労は並大抵ではありません。
  • また、家族にとっては大きな経済的・精神的負担になります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-11-12-48

 

 

㈱スカイロボットはこちら

ドローンが人を救う。登山遭難者発見システム!
ドローン活用により災害救助で貢献できること▶

 

関連記事

ドローンニュース | 実験の最新記事