テロ対策にドローン待機!リオ五輪・パラ銀座合同パレード


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日7日、東京都中央区で行われたリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックのメダリストパレードには沿道に大勢の方が駆けつけたため、警察はテロ対策にも万全を期していました。

%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8920161018%e9%8a%80%e5%ba%a7

当日は銀座8丁目交差点がメインとなり、中央通り約2.5キロを選手たちがパレードし、メダリストたちを一目見ようと集まった観衆はなんと80万人。

警視庁は近年の雑踏警備では最大級の警戒態勢をとり、車上からはDJポリスがマイクで呼びかけ、得意の滑らかな口調で観衆を誘導しました。

また、テロ対策として、不審なドローンが現れた場合、大型ドローンで捕獲する無人航空機対処部隊も待機。ドローンを使って違法な撮影がされた場合にも、すぐに対処できるよう備えていたとのことです。

楽しいイベントとなるパレードで「この警戒態勢はおおげさなのでは?」という意見も聞かれましたが、海外のテロ事件を踏まえると、テロ対策にはやりすぎはないのかもしれません。このようなテロ対策にもドローンの活躍が期待されているのです。

関連記事

ドローンニュース | その他のニュースの最新記事