2020年のベストな車用ガジェットは?

生粋の車好きでなくても、自分の車をカスタマイズするのはいつだって楽しいものです。当然ながらそうしたカスタマイズを行う時には、どれだけのコストがかかるのかという疑問が浮かびます。大金を注ぎ込まなくてもできるカスタマイズはあります。今回は、車に導入するだけでドライブがちょっと楽しくなる、低コストで手に入るガジェットをご紹介します。

 

アルコールジェル ハンドディスペンサー 

残念ながら、新型コロナウイルスのアウトブレイクは私たちの日常生活のあらゆる面に影響を与えており、車の運転も例外ではありません。特に友人たちを職場に送っていくような場合には、実用的な消毒液のハンドディスペンサーは欠かせません。

 

この小さなディスペンサーの良いところは、大半がカップホルダーにぴったり収まるので、余計なスペースを取らないことです。

 

ルーフカーゴボックス

当然ながら、ルーフカーゴボックスは昔から存在しており、新しいガジェットではありません。しかしデザインは変化しつづけており、車への取り付けやすさや荷物の保護性能も上がっています。

 

ナイトビジョンシステム

私も含めて、大半の人は夜間の運転が嫌いなはずです。行ったことのない場所ならなおさらです。

ナビは便利ですが、視認性が大きく下がるということ自体がストレスなのです。ですので、クールなナイトビジョンシステムに投資するのは賢い選択かもしれません。もちろん、高級車なら最初からそうしたオプションが搭載されていますが、お手持ちの車にそのような機能がなくても、数百ドルで購入することができます。

 

カーレーダー探知機

レーダー探知機は、レーダーガンが車の速度を計測するために発する波形を探知します。そもそもこのような機器は合法なのでしょうか?

この話題は常に議論の的になりますが、日本ではレーダー探知機の所持が認められています。しかし、レーダー干渉器となると話は別です。レーダー干渉器はレーダーガンの波形に干渉し、誤った情報を与えます。これは違法であり、警察に見つかった場合は深刻な問題に発展する可能性があります。

 

Bluetoothタイヤシステム

しっかり空気が入ったタイヤは寿命が伸び、スムーズな走行ができるので燃費も良くなります。タイヤの空気圧に関しては、大半のドライバーはそれがそもそも何なのか知らない、あるいは気にしていません。もちろん、タイヤの空気圧の管理がこれほど複雑で面倒でなければ、もっと多くの人が気にかけるようになるかもしれませんが。

スマートなテック業界人たちはこの事実に気づき、情報を直接スマートフォンに送信するBluetoothタイヤ空気圧ゲージを開発しました。これにより、お店に足を運ばなくても車のタイヤの状態を知ることができるようになりました。