そのドローン、飛ばして大丈夫?「技適マーク」ついていますか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正式名称は「技術適合マーク」。
通称「技適マーク」と呼ばれているものですが、
これが付いていないドローンは飛ばしてはダメなんです。
技適マークが付いていない無線機を使うと違法になる恐れがあります。

マークはドローンのプロポの裏側に貼ってあります。
「技適マーク」は電波を発するものにつけられていて
スマートフォンなどにも貼られています。

電波を利用している機器は、それぞれが干渉しないために電波の利用制限ついて国が定めているのです。

海外からの輸入で、「技適マーク」がないまま販売されているドローンもあります。
なぜなら、「技適マーク」なしで販売することは禁止されていません。
このようなドローンを購入し飛行させた場合、飛ばした人の責任となりますので気をつけましょう。

詳細は総務省の電波利用に関するサイトへ
http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/index.htm

関連記事

ドローンニュース | その他のニュースの最新記事